買収時の比率はどうする?

株式会社でM&Aを行う場合には

M&Aを行うときは、買収時の比率をどうするのかも重要なポイントです。株式会社を例にすると、株式の比率によって会社へ関与できる権利も決まってきます。株式の買収で子会社化するには、50%超の株式を保有しなければなりません。中小企業はオーナーのリタイアが多く、株式を100%譲渡するケースがほとんどです。議決権を複数の株主が持っていると、重要案件の決議に支障をきたす恐れもあります。事業提携で相乗効果を狙う場合には、比率を50%以下にしたほうが良い結果につながりやすいです。経営上や税務上の問題など、連結対象にしたくない場合にも有効となります。M&Aを何のために行うのか、事前にしっかり検討してみましょう。

M&Aの具体的な流れとは

M&Aを行う手順として、最初に株式の売却価格と枚数を決めるのが一般的です。買い手が合意したら、株主が売り手に株式譲渡承認を請求します。売り手は取締役会を開き、株主に対して譲渡を承認する流れです。次に買い手が取締役会を開き、会社の株式取得を承認します。取締役会がない場合には、株主総会の決議が行われます。最後に株主と買い手が、株式譲渡契約書の締結と対価の支払いを行えば完了です。株券発行会社の場合には、株券の譲渡が行われます。中小企業のM&Aでは、対価が現金で支払われることも多いです。公開会社など現金を使わず、株式交換によって株式を取得するケースもあります。M&Aは目的に合った手法で行うのが大事です。