M&Aは企業における合併と買収を意味し、企業が取る戦略の一つになります。いろいろな目的で行われていて、手法も様々です。行うためには相手先との協議なども必要になり、行うメリットなどを十分考えなければいけません。

M&Aはどんな時に有効になるか

事業継承の時に使える

起業してビジネスで成功しても、ある以上の年齢になれば引退しなければいけません。経営者が事業から引退する時は、誰かに引き継いでもらう必要があります。しかしいい相手がいないケースもあるため、そういう時…

企業の存続が難しいとき

日本の中小企業は優れた技術を持っており、世界にも誇れるものです。近年、中小企業の技術でロケットを打ち上げようという話もありました。ぜひ成功させて欲しいと思います。この様な優秀な技術を持つ日本の中小…

行うための手順

買収相手の選定方法

シナジー効果とは、ある要素がもう一つの要素と組み合わさることによって、単体で得られる結果以上の成果を生み出すことができることをいいます。M&Aをおこなう最大の目的は、相手企業と提携することによって…

条件はどうやって交渉する?

M&Aで売り手が提示する価格は、買い手の希望価格と開きがあるのが普通です。売り手は自分が経営してきた会社に思い入れがあり、自負も持っています。それゆえ自社を過剰評価する傾向があり、条件交渉が難航す…

買収時の比率はどうする?

M&Aを行うときは、買収時の比率をどうするのかも重要なポイントです。株式会社を例にすると、株式の比率によって会社へ関与できる権利も決まってきます。株式の買収で子会社化するには、50%超の株式を保有…

経営資源の短期取得

M&Aとは意味とは?

M&Aとは企業の合併や買収の事で、主な目的は事業の拡大や新しい事業への参入の為に行います。企業を買収したり合併する事で得られるのは企業が持っている資産やノウハウです。新たなジャンルの事業を始める時は一から人員や事業に必要な資産を取り揃えて始める事もできます。しかし最初からその事業を行っている企業を買収すれば最初から事業を始める為の人員や設備があるので、素早く経営資源を得る事が可能です。 既に継続して行っている事業を拡大する場合も設備や人員を用意するにはコストだけでなく、多くの時間と労力がかかります。その為企業が既に行っていて社内にノウハウや設備がある事業の拡大をする場合もM&Aは有効な手段です。

M&Aを成功させるために必要こと

M&Aで企業の買収や合併をすると元々は別な企業に勤めていた従業員が同じ企業で業務にあたるようになります。あまりに企業文化が違い過ぎると同じ組織として業務を進めるのが難しい場合があるので、できる限り企業文化が近い会社同士でM&Aを行うと良いです。企業を買収する時は買収する側は相手に対して敬意を持つ事が大切です。 M&Aを行う時に譲受け企業と譲渡企業の間で交渉が行われて具体的な金額が決定されます。この時企業の価値を適正に判断してM&Aを行わないと割に合わない買収になってしまいます。M&Aを双方にとってメリットのあるものにする為にも適正な価格で買収や合併を行う事が重要です。また買収する企業と自社がマッチしているかも多角的に考えて判断するべきです。

M&Aってなんのこと?

M&Aとは他企業の買収・合併を行うことです。競合している企業に対して行うことでその業種における優位性を高めたり、全く別の業種の企業に対して行うことで新たな市場に参入できたりします。